気象警報発令時における生徒の登下校について
1、生徒の登下校以前に暴風警報が愛知県西部全域または尾張東部・尾張西部・西三河北西部のいずれかに発令されている場合は、次の通りとする。

・午前6時までに警報が解除された場合は、平常授業とする。

・午前6時~10時までに警報が解除された場合は、午後1時20分にSTを実施し、5限目以降の授業を行う。

・なお、スクールバスは平常の4時間遅れで運行する。

・午前10時を過ぎた段階で警報が解除されていなければ、当日の授業を中止する。

・土曜日に行事等がある場合、午前6時の段階で警報が解除されていなければ、当日の行事を中止する。

  
2、生徒の登校後に暴風警報が愛知県西部全域または尾張東部・尾張西部・西三河北西部のいずれかに発令された場合は次の通りとする。

・気象状況等により全生徒を安全に帰宅させうると認めた場合には、当日の授業を中止して速やかに下校させる。

・戸外の通行が危険な場合には、生徒を戸外通行の危険がなくなるまで、校内に残す。

  

3、定期考査期間中においては、午前6時を過ぎても暴風警報が愛知県西部全域または尾張東部・ 尾張西部・西三河北西部のいずれかに発令されている場合、当日の考査を延期し生徒は自宅学習とする。なお、当日分の考査は最終日の翌日に実施する。

  

4、授業などが実施されていても、居住地域に警報が出されている場合は自宅待機とする。

  

5、平成25年8月30日より運用された特別警報については、大雨、暴風、大雪、暴風雪の各特別警報のいずれかが愛知県西部全域または尾張東部・尾張西部・西三河北西部のいずれかに始業前に発令されている、または始業後に発令された場合は、上記に準ずることとする。


その他