学校行事

学校行事

色鮮やかに思い出が残る。栄徳ならではの豊かな高校生活。

海外語学研修制度【フィリピン】
フィリピン語学研修について

今年度から、日本から一番近い英語の国、フィリピンで、夏休み中の約2週間の語学研修を実施することになりました。
フィリピンでの語学研修は、近年大変人気もあり、その成果も評価されています。今回の研修先はマニラの北西約150キロに位置する、治安的にも大変安全な経済特区のスービック地区の語学学校となります。

 

実施のポイント
  • 1.何をおいても安全

    研修地スービックは、経済特区として国で認められ、特区へ入るためには24時間管理されているゲートを通過しなくては入ることはできません。現地の人でも特区で働いているという証明書の提示が必要となります。フィリピンで一番治安のよい地域と言っても過言ではありません。

  • 2.州立大学からも認定を受けている語学学校

    受け入れ校KeystoneはBataan、Peninsula 大学の認定を受けている学校ですので、経営面、教師陣の質の高さなどにおいて大変評価の高い学校です。フィリピン教育庁(TESDA)の認定校です。

  • 3.マンツーマン授業で英会話力アップ

    フィリピン語学研修(留学)の一番の特色、マンツーマン授業が1日のうち4時間設定されています。スピーキング、リスニング、発音やアクセントなど、さまざまな技能を考慮し集中的に英会話の授業がもうけられています。マンツーマンですので常に“聞く””話す”の状態が続くため、自然と英会話力がついてきます。

  • 4.アクティビティ

    スービックやスービックの近郊は、フィリピンのリゾート地区としても有名です。2週間の研修中にいくつかのアクティビティを計画しています。(予定:動物園、ショッピング、ビーチリゾートか森林アドベンチャー体験)フィリピンならではの活動を通して異文化を肌で感じることができます。(一部別料金がかかります。)

日程表(予定)
月日(曜) 都市名 交通機関 現地時間 日程(宿泊地)
1 2017年
7月23日(日)
中部国際空港
 
マニラ
スービック
集合
PR-437

専用車

07:00
09:35

12:45
夕刻

中部国際空港にて集合
フィリピン航空機にてフィリピン・マニラへ
(所要時間:4時間10分、時差―1時間)
到着後入国検査、専用バスにてスービック特別区へ
Keystone校着、寮にて夕食、就寝
(学校寮)
2 7月24日(月) オリエンテーション、クラス
ハーバーポイントモールにてショッピング
(学校寮)
3 7月25日(火) マンツーマン4コマ、グループ2コマ
(学校寮)
4 7月26日(水) マンツーマン4コマ、グループ2コマ
スービックサファリへ(動物園)
(学校寮)
5-6 7月27日(木)
7月28日(金)
マンツーマン4コマ、グループ2コマ
(学校寮)
7 7月29日(土) 終日 カンバヤンビーチリゾート
またはジェスト・キャンプ体験
(学校寮)
8 7月30日(日) 終日自由時間
9-10 7月31日(木)
8月1日(火)
マンツーマン4コマ、グループ2コマ
(学校寮)
11 8月2日(水) マンツーマン4コマ、グループ2コマ
ハーバーポイントモールにてショッピング
(学校寮)
12 8月3日(木) マンツーマン4コマ、グループ2コマ
(学校寮)
13 8月4日(金) スービック 授業最終日のため変則授業
終了テスト
(学校寮)
14 8月5日(土) スービック
マニラ
中部国際空港
PR-438 13:50
18:55
専用車にて空港へ移動

航空機にて空路帰国
中部国際空港着、解散

 

参加者募集チラシはこちら[PDF]


その他